海水館(本館)トップページヘ  



==沖縄 カナンスローファーム(カナン基金プロジェクト)支援のお願い==

<海水館からプレゼント付きです!>

令和1年6月9日掲載   カナン基金プロジェクト:
https://project.canaan-farm.com/

突然、このようなお願いをさせていただき、誠に申し訳ございません。

 先日、沖縄県 東村(ひがしむら)というところで、私のようなヘボ経営者から見ましても、誠にゆるされざる大変なことがおきました。

 ご当地の地元の方で、民宿の経営と自然循環型農業・畜産で、自然を重視したまさに”ほっぺがおちる”ほどの美味しいマンゴーなど果物やお肉を生産される”カナンスローファーム”(以下、カナンファーム)を経営されておられる 依田啓示さん という方がいらっしゃいます。
 
 以前より沖縄では、米軍普天間基地の辺野古移設を妨害し、米軍を追い出そうとするために国内のみならず韓国、中国の反日活動家
が、当地で違法検問、テロ的な暴力行為など「反基地平和運動」の名のもとに好き放題の活動を行っており、しかも現地の琉球新報・沖縄タイムズという反日左翼思想にふれ切った二誌が、この活動家達を一方的に支援する報道を行い、警察や機動隊でさえなかなか対処できず、場所によっては無法地帯のようになりつつあります。

 その反基地活動家が、2016年夏以降、依田さん地元の東村で活動を開始し、周囲に多大な迷惑をかけております中、依田さんは民宿の
お客様を車で案内中に、彼らの違法な検問に車をとめられ、その相手ともみ合いになり、”押された”などと主張する”被害者になる名人”の
ような活動家と、それに加担する左翼弁護士、上記新聞などメディアの総攻撃で、逆に裁判で加害者とされるという、ありえない判決をうけ
られました。 自分達に都合の悪いものを無理やりにでも「犯罪者」にしたいという願望が見えてきます。

 沖縄は、正常・常識的な法治が侵されつつあると思います。あるいは韓国のようになりかけていると思えばわかりやすいかもしれません。

 しかも許せないのは、依田さんがこれら迷惑な反日活動家に反感をもち、発言するためか、以後それにとどまらず、カナンファームの取
引先への脅しや意図的な悪評の拡散などありとあらゆる嫌がらせと営業妨害を受け、とうとう先日、資金繰りが悪化し運営困難・土地の競
売という事態に追い込まれてしまいました。
 こちらも比較するの失礼ながら、日々苦しむ経営者としてこのような不実と依田さんの受けた屈辱は察するに余りあります。

 しかし、依田さんとカナンファームは地元はじめ日本中の沖縄を心配する人々から支持されており、それを救済するプロジェクトが先日
始動しました。私も本当にわずかしかできませんでしたが、どうか、皆様たとえ¥1、000でも、以下のサイト様から、ご支援を心からお願い
申し上げます。(カナンファーム

 カナンスローファーム(カナン基金プロジェクト): 
https://project.canaan-farm.com/

 (チャンネル桜 依田さん出演動画:https://www.youtube.com/watch?v=SvP-fB7UrH8

                                  ★海水館からお礼のプレゼント★

 上記、カナンスローファーム様を支援をしてくださったお客様に、当店(海水館)から 気持ちばかりのお礼のお品を送付させていただきま
すので、振込画面やカード決済完了画面などとともに、ご氏名ご住所等を当店メールにお送りください。
 当店メール: kaisuikan922@nifty.com

(以下は私の勝手な補足の記事になります。)

●活動家の実態と、利用される「平和」という言葉にご注意を 

 反基地活動をしている活動家は、自分達を「平和主義者」と名乗りますがやっていることがどれだけ平和に程遠く、
しかも地元民に迷惑をかけているか、”反基地無罪” ”反基地 迷惑”などのキーワードで検索をかけてみますと、如何に地元の方々が多大なご迷惑をこうむっているかすぐにわかります。 しかも、こういう無法な行為に積極的に反対する人には卑劣な手段で嫌がらせをしています。

 以下、ユーチューブに掲載されている実態の動画です。地元民だけではなく、県外からきて活動している人間が多数入り込んでいる実態
があり、反基地活動をしている人の態度や言動から、判断していただければ、実態がわかると思います。

 ・
https://www.youtube.com/watch?v=98V1LBgbdqI
 ・https://www.youtube.com/watch?v=tMCYhf8GQUo
 ・https://www.youtube.com/watch?v=a2k6GDI9WP4 (小松が辺野古取材! "移設反対運動"現状は? 【AbemaTV】)

 活動家達は自分の周りに同じ運動をする人がいて、同じように気勢をあげていると、もう自分のやっていることが間違っていると思えない
のでしょう。如何に自分の行動を客観的にみるか、冷静に人の意見にも耳を傾けるか、そして自分のやっていることをよく考える。
 そうしないと運動と活動によって、愚かな自滅への道を歩んでしまいます。
 上記一番下の動画で、活動をしている人へのインタビューを聞いても、答えに全然筋道がなく、都合の悪いことを聞かれると怒って見せて
ごまかしているように思います。
 長崎にもあり、私も訪問しましたが、「岡まさはる記念 長崎平和資料館」 は、捏造で塗り固められたただの反日プロパガンダ施設と思いました。とにかく、反日運動をするものは、かならず「平和」「戦争反対」がキーワードです。それで一般の深い知識を持っていない人をだまそうと
することだけは覚えておく必要があります。

 
●普天間・名護市辺野古基地移設の正しい理解をもちましょう

 「新基地反対」などと活動家が叫んでいますが そもそも普天間基地の名護市辺野古への移設は、人口集中地の普天間から県民の安全のためにもともとある辺野古の米軍 キャンプシュワブへの移設で、現場では滑走路を増設するだけで、新基地建設などではありません。
 全体で見ればあきらかな縮小・合理化・安全化です。
 名護市市長選挙では、移設容認派の市長が当選しており、民意もある程度容認されていることはすでに確認されています。
 活動家達は、安全のための”移設”に反対するとはいいにくいので、「新基地反対」と強引に捏造表現をしていると思われます。

  私たち本州などに住む者は、沖縄で米軍基地を容認くださる沖縄の方々に敬意と感謝を持たなければなりません。
 ただ同時に、沖縄の地政学的な意味は極めて大きく、沖縄自身が米軍基地によって守られている現実があり、もし米軍がいなくなれば、
 南沙諸島とおなじく中国が侵略してくることは明白です。
 すでに翁長知事時代から今の玉城デニー知事、沖縄二誌など、自国の同盟国であるアメリカを敵視し、侵略意思丸出しの中国に常に歓 迎、融和の態度をとること自体があきらかにおかしいのです。静かな侵略がすでに始まっていることを認識しなければなりません。

●国民が国家の正常化をそれぞれに自覚しなければならない時代が来ていると思います。

 今回、私たちの同胞 沖縄を守るために反日活動家に抵抗し、被害にあった依田さんのような経営者を応援もせず、見て見ぬふりをした
ならば、私自身も結局 自分のことしか考えていないだけの一生になってしまうと思い、些少ながら自分も応援させて頂きました。
 今、手元にほとんど余裕がないのが本当に残念です。
 
 本来、経営者や人の上にたつものは、自分や自分の会社のことだけでなく、力が大きくなるほど、他人や自分の属する国家のために自分が何ができるか、ということを経営と日々の行動の双方で考えながら歩むべき人格者でなければ、国家が腐食し、いずれ滅んでしまうと思います。
 それを今、多くの経営者は失っており、目先の利益にだけを走って、しかも自滅する道を歩みます。これは戦後の愛国心を欠き、個人の自由と権利を重要視する教育も大きな原因と思います。
 またそれをまさに象徴しているのが、今の経団連ではないかと思います。
 いまだに中国に進出しようとする愚かな企業や、もっと身近なところでは我々の海水魚の業界など言うのも恥ずかしいレベルです。
 しかし私たち海水魚店も、沖縄産の生体を販売させていただくことも多く、恩義があります。

 依田さんのような愛国経営者を失うことは国家的損失と思う次第です。

 商売人は政治的な発言や活動をするべきでないとは、私も言われました。それはようするに商売にだけ専念せよ≒どんな時でもことなかれ主義で、利益だけもとめろ ということにつながっている気がします。 極論すれば選挙にも行くなという話になります。

 もちろん、政治は政治家がするのは当然です。しかし今、日本の政治は民間の後押しがなければとても改革はできない面があります。
アメリカのトランプ大統領のように、全体の幸福、国家のため権力をもっと強く使えたら民間人がこれほど負担をする必要は本来ないと思い
ますが、今の日本は本当に政治力が弱い上、沖縄では反日活動家が、メディアまで加担している危機的状態です。

 沖縄をまもることは、決して他人事ではありません。今沖縄は中国とその手先に成り下がっているこれら反日活動家と、それに踊らされて
いる人々によって美しい沖縄が蝕まれています。
 どうか、皆が沖縄や国家そのものにもっと関心をもって、国を、沖縄を守りましょう!
 
                                              

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------