トップページヘ

当店のご紹介     

 当店は海水魚・飼育用品の通販専門店です。現在では販売の他、自社製品の開発・販売に力を入れております。
 当店は現在、通信販売専門店ですが開店時の2002年4月〜2003年の11月まではささやかな店舗販売をおこなっておりました。しかし周辺の住宅事情、駐車、また当方の
場所(過去の藤井寺)で店舗販売をすること自体が問題になったため、完全に通信販売専門店として再スタートを致しました。
 また、実際の経営上の問題といたしまして、個々のお客様に対して際限なく時間をかけて説明などの対応をしている状態では、現在の運営を行うことは不可能であります
ため何卒ご理解、ご容赦のほど御願いできますと幸いです。
 その代わりとしまして、メール等で寄せられる飼育に関するご質問やお問い合わせには出来るだけ丁寧に対応を行い、またそれをページ上に随時掲載しておりますので、ご
利用頂けますと幸いです。
※例外としまして、地元の極至近地域の野母崎・脇岬・樺島在住の方に限り、事前連絡の上直接販売を対応します。(2012年5月13日改定)
当店は本来、通販専門が大原則ですが、歩いていける範囲内でしかも普段から周知の方に発送するのはあまりに滑稽なため、上記の範囲に限定で直接対応をさせて頂いて
おります次第です。大変恐縮でございますが、上記以外の方々につかれましては、仮に長崎市内でも一切販売はいたしかねます。
 なお、当店は生体の直輸入店ではなく、一般の業者から入荷を行っている店でありますが、生体を卸業者からお客様宅へ直送するなどは一切行っておりません。すべて一
旦当店で入荷・トリートメントを行い、例外を除いて5日間以上の観察を行ってからの発送にしております。また、発送に使用する箱や梱包剤は、基本的にリサイクルです。そ
のため、外観は粗悪ですが何卒ご了承願
います。
当店は、海水魚、サンゴなどを販売しつつ、特にローエンドユーザーがより良く飼育できる方法を探し、その方法をできるだけ多くの方に開示していくことを目標にしています。
 ”水族環境学研究室分室”という名前は、私の母校、近畿大学農学部水産学科の私の居りました水族環境学研究室にちなんで付けさせていただいたものです。
 また、海水魚やその研究を使って少しでも社会に貢献できれば幸いとし、それによる業界の繁栄を望むものです。
 また当店では国内における違法採取のサンゴ類などは、当店に責任がかからないような流通でも扱いません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表記

販売業者 海水館
運営統括責任者 政田信彦 
所在地 (事務所) 〒851-0506長崎市脇岬町3258番地 (2012年4月9日より)
営業開始年月日 2002年4月12日
URL 本館(情報・相談)サイトhttp://kaisuikan.o.oo7.jp/ 別館・販売専用サイト http://kaisuikan.shop26.makeshop.jp/
メールアドレス メール送信(アドレス)はこちらです。
ご相談希望の方へのお願い

原則的に各生き物や機材のことは実際に購入した、あるいはする予定のお店でご相談願います。
また、恐れ入りますが飼育相談等をされる方は
最低限ご自身のお名前を名乗られ、必ず水槽システムや生体のお写真をご送付下さい。
文章だけでは不明点が多すぎてお答えしかねます。

また自作物・自家採集物のご相談はご遠慮下さい。そのようなお便りへはご返信を控えさせていただきます。

FAX番号

095-893-0528
※誠に勝手ながら、いたずら・無言電話・また長時間を要する飼育ご相談が多く、業務に支障が出てしまいますため、2006年3月11日を
もって電話番号はFAX専用とさせて頂きました。誠にご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解のほど、御願いできますと幸いです。

また、恐縮ながらあくまでご購入を前提とし、水槽システム全体やメールでは相談できかねるほど多岐にわたるシステム全般の購入のご
相談をご要望の場合は、ご希望により電話相談をさせていただきますので、メール・FAX等でその旨をお知らせ下さい。

商品代金以外の必要料金 送料+(代引き手数料) 詳細は、館・販売専用サイト http://kaisuikan.shop26.makeshop.jp/の”利用規約”をご覧下さい。
保証・返品 詳細は、別館・販売専用サイト http://kaisuikan.shop26.makeshop.jp/の”利用規約”をご覧下さい。
販売数量 カートショップの在庫数・お問い合わせにてご案内いたします。
お引渡し時期 発送日に発送処理いたします。
お支払方法 基本的に前払い、各発送社の代引きでお願いいたします。(例外として後払いで発送を行う場合があります。)
取引銀行 ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行

 生体の死着記録はこちらに掲載しております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当店のセキュリティ(現在) 

・サーバーのニフティが提供するウイルスバスター for @nifty Mail
・ESET スマート セキュリティ

・phishwall
・カートショップの送信はすべて暗号化されています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

個人情報の扱い

 当店は、お客様から戴いたデータを第3者に対して意図的に漏洩するようなことは一切致しません。また、お客様とのやり取りを行ったメール、メールアドレスは特別な必要
の無い限り、お取引後1ヶ月毎に削除しております。
 ただし、詐欺や意図的な悪意による行為、またそれを想定させる行為を行った方に対しては、その必要に応じて、警察、裁判所、宅配業者などに個人情報を開示して捜査を
依頼する場合があります。また、警察等から依頼があった場合は、依頼者が警察であることを確実に確認した上で情報を連絡いたします。

※ヤマト運輸の伝票ソフトB2に記録されているデータ、カートショップの登録会員様データ等のクラウド型でのデータ、、日常的に頻繁に連絡を取り合っている方、
後日当方からサポートの連絡を取る必要がありえる一部の製品の購入者様等は、ユーザー登録としてメールアドレス等を別途、安全に保存させて頂いております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当店の主な履歴と足跡

・2000年6月頃 海水魚の趣味のページとしてホームページオープン  (冷却ファンなど、僅かな商品を販売)       

・2002年4月20日 店舗「海水館」として開店

・2002年8月 通販開始 

・2002年10月頃 元祖活性底面法のキット販売開始

・2003年6月頃 活性底面BOX発売開始 

・2003年11月 完全通販専門店へ転向・オリジナル人工海水発売開始

・2003年12月 在庫水槽の改装

・2004年7月頃 ホームページに初心者向けガイドなどのコラム作成・掲載開始

・2004年10月 (新潟地震発生) 日本赤十字社へ10月売り上げ金より義援金 5万円を送付(証書)         

・2004年7月 養殖用高効率脱窒素フィルターにて 実用新案取得

・2005年1月 (スマトラ沖地震発) 日本赤十字社へ1月売り上げ金より義援金 5万円を送付(証書)

・2005年8月 機関誌BL 創刊 1号発刊

・2005年10月 オリジナル還元ろ過素材「デニトロゲン」発売開始 活性底面BOXでの使用も本品に変更

・2005年12月 機関誌BL 2号発刊

・2006年6月 (ジャワ島地震発生) 日本赤十字社へ5月売上金より義援金 10万円を送付(証書)

・2006年6月 市民団体「救え!北朝鮮の民衆 緊急行動ネットワーク<RENK>」にカンパ金 10万円を送付(証書)

・2006年7月 機関誌BL 3号発刊

・2007年3月 当店運営の室内水族館マリンスクエア オープン

・2007年7月 機関誌BL 4号発刊

・2007年9月 室内水族館マリンスクエア 閉館・撤退

・2007年10月 当店ブランド”REEFPOWER”で商標登録を獲得

・2007年年12月 沖縄のサンゴ移植放流 ”海の種”様に、サンゴ移植30本(¥93,000分)を依頼

・2008年5月15日 機関誌BLによるBL基金創設 (以後はBLによる売上から寄付) 中国四川省地震の義援金として、日本赤十字社に10万円を送付 (証書

・2008年6月20日 機関紙BL 5号発刊

・2008年6月21日 オリジナルプロテインスキマー”REEFPOWER サクラスキマー”発売開始

・2008年7月4日 アキュリ様との共同開発によるオリジナルの魚のエサ”REEFPOWER マルチフィッシュフード EXTREMEを発売。

・2009年2月14日 アキュリ様との共同開発によるオリジナルサンゴ添加剤”REEFPOWER X EXTREME”を発売。

・2009年6月14日 兵庫県伊丹市内に移転 (生体の販売を休止) 旧本社を藤井寺出張所として活動

・2009年8月3日 旧本社(藤井寺市)を一時閉領

・2009年9月28日 旧本社(藤井寺市)での営業を再開。(伊丹市での営業を終了)。

・2009年12月9日 BL基金より毎日新聞歳末助け合い運動の義援金として、10万円を送付 (証書

・2010年1月22日 BL基金よりハイチ大地震の義援金として、日本赤十字社へ10万円を送付 (証書)    

・2010年4月19日 リーフパワーソルト、製造委託社の中国工場トラブルにより販売休止

・2010年4月28日 サクラスキマーの公式販売を終了 (サポート・個人的な無償作成は継続。)

・2010年4月28日 新製品 ソフトトレース、ハードプラス、フレームUを発売。
            添加剤X(エックス)の商品名をアキュリ様へ譲渡、当方は”HARDTRACE(ハードトレース)”に商品名変更。

・2010年5月8日 機関誌BL6号発行(休刊)

・2010年6月30日 リーフパワーソルト 国産で製造・販売再開(リーフパワーソルトN.R.V.と改名)

・2010年7月24日 魚専用人工海水フィッシュソルトを発売開始。(当社で自家製造)

・2010年8月5日  買い物専用のカートサイト「REEFPOWER CARTSHOP」を別館として試験オープン。(以後継続)

・2010年9月22日 「REEFPOWER CARTSHOP」のご利用が大半になったため、本サイトのフォーム送信・商品ページを廃止。

・2010年12月18日 R.P.LEDパワーライト発売開始。

・2011年2月    魚専用人工海水フィッシュソルトを製造終了。生体の取り扱いを徐々に再開

・2011年3月13日 (東北関東大震災発生)BL基金に替わりREEFPOWER基金創設。ジャパンネット銀行を通じ日本赤十字社へ義捐金として10万円を送付(後日証書を掲載)

・2011年3月30日  東北関東大震災発生への追加義援金として日本赤十字社にREEFPOWER基金から10万円を追加送付(証書)※

(※これ以降の寄付などは、右のページで報告します。http://kaisuikan.o.oo7.jp/reefpower/syohyo.htm

・2011年9月11・12日 当店養殖ソフトコーラルの販売開始、淡水魚の取り扱いを開始

・2011年11月19日 マグネシウム・カリウム補給剤発売 給剤

・2011年11月29日 淡水魚の取り扱いを休止

・2012年2月    一般入荷の海水魚類・サンゴ類の取り扱いを原則的に停止・終了(養殖サンゴは継続)

・2012年3月5日 著作権フリー素材集「サンゴ礁の魚と生物」発売(開店10周年・一般生体販売終了記念製品)

・2012年3月26日 ご相談フォームを閉鎖・終了

・2012年3月31日 移転のため、藤井寺市での営業を終了

・2012年4月25日 移転完了、長崎市の現所在地で営業再開

・2012年5月13日 町おこしの一環として、地元(野母崎・脇岬・樺島等)の業務用の用品に限り、事前連絡の上直接販売を対応開始

・2012年12月1日 地元(野母崎・脇岬・樺島等)の販売対応を、業務・個人用ニ限らず、無制限に改正

・2012年12月1日 長崎市・脇岬における採取販売が許可・開始(野母崎三和漁協の協賛者として)

・2013年2月中旬 倉庫・養殖室 新設 以降、養殖ソフトコーラルを中心に拡大

・2013年10月    リーフパワーソルトの当店販売分を自社製造に切り替え。販売開始

・2014年9-10月 長崎税務署より税務調査を受け、過去3年分の所得税で約10万円を追加で課税されるが、後に約7割が不当な課税であることが判明、翌年に返還。

・2015年4月1日 (青色申告納税に向けた準備等のため)取り扱い銀行口座のうち三菱東京UFJ、三井住友、楽天、ジャパンネット銀行

・2016年2月16日 自社製のリーフパワーソルトN.R.V.新製造器が完成、これによる製造を開始。

・2017年6月28日 お知らせページを、フェイスブックに変更使用開始

トップページヘ